ネットワークビジネス学生の参加はどうなの

088708 日本では、ほとんどのネットワークビジネス主宰企業では学生はビジネスに参加できないことになっています。参加条件に20歳以上(学生不可)となっています。
ネットワークビジネスは、「特定商取引に関する法律」により厳しく規制されていますが、この法律には「学生不可」とはなっていません。
しかし、日本訪問販売協会の自主行動基準にはこう書かれています。
「取引の相手方として不適当と考えられる者への勧誘について 加入者が未成年、学生、成年被後見人・被保佐人・被補助人などビジネス活動を行う者として不適当であると考えられる者への勧誘を行わないよう、周知徹底を図るものとする」

ネットワークビジネスの主宰企業の多くは、日本訪問販売協会に加盟しています。学生の本文は学業です。誰もがそう言いそうですね。学生=学業だからネットワークビジネスは不可ということなのかもしれないですね。

学業とは学ぶことなので、学校の勉強だけではないと思います。職業体験も学びの一つに入るかもしれません。ネットワークビジネスも職業ですから、学生が体験したいと思っても不思議ではありません。

でもネットワークビジネスはコミュニケーションビジネスとも言われ口コミで商品を伝える特殊なビジネスです。学生が伝える相手は学校の先輩、後輩、同級生だったりします。そうなると大きな組織ができる可能性があります。

しかし後輩は先輩に頼まれると断れない、仲の良い友人から頼まれると断れないその結果人間関係にひびが入り、最悪の場合退学することになる可能性もあります。

もしトラブルでも起きれば相手が学生だと企業イメージが悪くなる可能性もあります。ただこれは、学生だけの問題ではありません。大人だって、友人、知人もし会社の上司だったりすると断れない状況になる可能性もあります。

ネットワークビジネスは円滑な人間関係から成り立つビジネスです。やりたくない人と一緒にビジネスを始めても上手くいきません。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です