ネットワークビジネス2015年の確定申告

034565

平成26年分の所得税の確定申告の相談及び申告書の受付は
2015年2月16日(月)〜3月16日(月)です。副業でネットワークビジネスをやってる人も確定申告は必要です。

会社勤めをしているのなら毎月の給料から所得税として天引きされて年末に会社で年末調整が行われて納税となります。会社以外からの年間所得が20万円以上の場合は確定申告が必要になります。

個人事業主が納める税金

ネットワークビジネスを展開してる人は個人事業主になります。
個人事業主が納める税金には

  1. 所得税
  2. 住民税
  3. 消費税
  4. 個人事業税

この4種類の税金があります。

納税時期

  1. 所得税は3月の確定申告の提出期限日まで(3月15日ごろ)
  2. 住民税は6月、8月、10月、翌年1月
  3. 消費税は3月31日まで
  4. 個人事業税は8月、11月

それぞれの税金の計算方法

所得税は
「収入 − 必要経費 − 各種控除」が 課税所得金額です。
「課税所得金額 × 税率 − 課税控除額」が 所得税額です。

住民税は
住民税には「均等割」と「所得割」があります。
均等割はみんな平等な金額の住民税で、地域で違いはありますが1年分均等割は4,000円 ~ 5,000円前後です。
所得割の税額は
(所得金額 − 所得控除額)× 10% − 税額控除額 が 所得割の税額です。

消費税は
「課税期間の売上高の8% − 課税期間の仕入等の8% 」が 消費税の納付税額です。
課税事業者は、売上分の消費税を全て納税すると思っている方もいらっしゃると思いますが
仕入れ等で支払った消費税分を差し引いて納税することになります。

個人事業税は
(収入 − 必要経費 − 各種控除 − 事業主控除290万円)× 税率(5%~3%) = 個人事業税

税金に関しての詳細は国税局のホームページなどを参考にしてください。

プリンターで印刷して郵送方法

確定申告はパソコン、プリンターをお持ちの方でインターネットが使用できる方は
国税局の確定申告作成コーナーから簡単にweb上で確定申告書が作成できて
プリンターで印刷して郵送することできます。

確定申告作成コーナー

上記のリンクをクリックすると下記の画面が出ますので

赤丸で示した部分ををクリックしてください。

無題

下記ような画面になります。

赤丸で示した部分をくりっくしてください。

確定申告2+

下記のような画面になります。

あなたのお使いのパソコンが推奨環境を満たしている場合は

赤丸で示した部分を左クリックしてチェックを入れてください。

 

かくていしんこく33

次に同じページの右下の赤丸で示した部分をクリックしてください。

 4確定

下記の画面からあなたの申告するコーナーをクリックして

確定申告書を作成してください。

5確定

宛先の書き方

国税庁のホームページ「確定申告コーナー」で確定申告を作成すると、
宛名ラベルも一緒に印刷できるようになっているので
切り取って封筒に貼り付けると良いと思います。

郵便番号
住所
○○○税務署行

上記のように印刷されますので、「行」を「御中」に書き換えてください。
私は封筒の左下に「確定申告書在中」と書いて送ります。

私は毎年普通郵便で郵送していますが、今まで届かなかったという事故は
一度もありません。

スポンサードリンク