ネットワークビジネス・伝わる文章の書き方

046015

インターネットを活用して、ネットワークビジネスを行う場合なんといっても文章書き方が重要になります。
文字だけでリクルートするので伝わる文章を書かなければ集客は難しいのです。たとえ検索でトップになっても、内容が薄くて伝わらない文章では、読んでもらえません。
読んでもらえなければ、集客ができません。
落ち着きのない人は、文章が雑だったり、誤字や脱字があったりするようです。
難しい漢字や専門用語を多く使ってカッコ良く書く人
簡単な文章を難しく書いて見栄を張る人
人の数だけ個性があるように、10人の作家がいれば10通りの文章があり
文章とは自分の分身のようなものかも知れませんね。

文章には書く人の人間性や知性などがあらわれています。
どんなことに興味を持っているのか、どんなことを考えているのか、
文章を読むことでその人の頭の中を覗くことができるような
気がします。

文章の書き方次第で集客に大きな影響が出ます。

読んでほしい相手(ターゲット)を決める

文章を書くときには、誰に読んでほしいのか明確にすることが大切です。
多くの人を対象にした文章よりもある特定の人を対象にした文章のほうが
伝わりやすいし、集客が増えます。

ビジネス文章の場合多くの人を対象にした文章よりも
ある特定の人を対象にした文章を書くことで
売上、集客が伸びます。

例文1
新しい雪かき用のスコップが入荷しました。
雪が降る前に準備しましょう。

この文章だとたターゲットが絞られていませんので
購入しようかなと思う人は少ないかも知れません。

ではこの文章だと

例文2
新しい雪かき用のスコップが入荷しました。
従来よりも軽くなり、女性の方や
高齢者の方でも楽に雪かきができるように設計されています。
これで、雪かきで腰を痛めることがなくなります。
雪が降る前に準備しましょう。

このような文章だと女性の方や腰痛が気になる方に影響を
与え購買意欲を高めます。

スポンサードリンク