ネットワークビジネスの成功者は語彙がとても豊か

091420
ネットワークビジネス成功者語彙が豊かです。
人は「知らないこと」や「知らない言葉」のことは考えないものです。
いや、考えられないのです。新約聖書に「初めに言葉ありき」とあります。
人は言葉がなければ何も認識できないのです。

認識できないということは、何も存在しないのです。
空を飛びたいと思い、言葉にして、飛行機を発明しました。
また遠くの人と話がしたいと思い言葉にし、電話を発明しました。
その、多くの言葉を知っている人のほうが、知らない人よりも
成功しているというデーターがあるそうです。
知っている言葉が少ないと、話のできる相手の層がせまくなる
わけです。
いろいろな人と話をすることでビジネスチャンスが生まれるわけです。
ネットワークビジネスは、人と人との繋がりでビジネスが成りたちます。
良好な人間関係を作るには言葉が大切になります。
ビジネスで成功している人は、成功していない人よりも語彙が豊かということです。

体験談

新聞の勧誘を体験したときのことですが、新聞の勧誘も嫌われる職業の一つかも
知れないですね。これはネットワークビジネスと同じように思いました。
新聞の勧誘は1軒づつ訪問して、新聞の購読の契約を取る営業なのですが
ほとんどの場合は、「他の新聞を読んでいます」という返事で
断られてしまいます。
毎日読んでる新聞が次の日から他社の新聞に変わると
すごく読みにくいですからね。断る理由は良くわかりますが
私も仕事ですから、すぐに諦めるわけにはいきません。

そこで、新聞の話はしないで日常の会話の中からお客様の好きそうな話を
見つけ出して話をするのですがこれが、簡単そうで難しいのです。
自分の好きなこと知っていることなら、会話はできますが
それ以外の分野では会話が続かないのです。
この時思ったのですが、いろいろな言葉を知らないと会話が続かないことを
新聞の勧誘の体験で知ることになったのです。

例えば、玄関先に綺麗な花が咲いていたとします。
その時その花の名前を知らないと会話が続かないですよね。
でも、花の名前や特徴、花言葉などを知っていれば、会話が続いていきます。

一つの花から会話が弾んで、最終的に新聞の購読に結びつくこともあります。
実際私はこれで契約を取ることができました。
成功者は語彙が豊かというのは私もその通りだと思います。

スポンサードリンク