ネットワークビジネスも確定申告が必要

034565

平成25年分の所得税の確定申告の相談及び申告書の受付は平成26年2月16日(日)から同年3月15日(土)まででした。副業でネットワークビジネスをやってる人も確定申告は必要です。
会社勤めをしているのなら毎月の給料から所得税として天引きされて年末に会社で年末調整が行われて納税となります。会社以外からの年間所得が20万円以上の場合は確定申告が必要になります。

ネットワークビジネスを専業としている人は年間所得が38万円以上なら確定申告は必要です。確定申告が初めての人はお近くの税務署に行っていろいろ聞いてください。

税務署の人は親切に教えてくださいます。わたしも何回か税務署に足を運んだ経験があります。最初はどきどき緊張しました。国税庁のHPで税金のことをもっと調べることができます。

国税庁のホームページです。今では自宅のパソコンから確定申告が簡単にできます。パソコンの画面に数字を入力すれば自動で計算してくれます。国税庁のホームページの確定申告等作成コーナーからできます。

白色申告とは

帳簿付けの必要がない簡単な方法です。
ネットワークビジネスを始めて収入の少ない人は白色申告で良いでしょう。
ただし、所得が年収300万円以上になると現金出納帳を作成する必要があります。

青色申告とは

複雑で細かな帳簿付けなどが義務付けられます。
青色申告だけが受けられる控除もあります。
青色申告特別控除と言って、控除額が10万円と65万円の2通りがあります。
これは提出する帳簿の種類によって違います。

※青色申告をする場合は、所得税の青色申告承認申請書を税務署に提出しなければなりません。
認証されないと青色申告はできません。

所得と収入の違い

同じ意味だと思っている方もいらっしゃると思いますが、実は違うのです。
ネットワークビジネスの場合だと
収入-必要経費=所得 ☚税金の対象になります。
すこし紛らわしいですね。

ビジネスをする場合は税金のことは知らなかったでは済まされません。
税金のことも勉強しておきましょう。

スポンサードリンク