ネットワークビジネス断られる理由とは

083844

ネットワークビジネスを好きだと思う方はそんなに多くありません。嫌いだという人のほうが多いのです。「ねずみ講」「マルチ商法」言われて話を聞こうともしません。人は何かを買わされると感じると警戒します。押し売りを嫌います。

ネットワークビジネスに限らずセールスマンを快く思わない人が多いのです。たとえば新聞の営業があります。ある新聞のベテラン営業マンの人に聞いた話ですが売れない営業マンは「1年だけ新聞を読んでください」と営業にきます。

お客様が「他の新聞を読んでるからいらない」と言うと「読んでくれたら○○をサービスします」などと言ってくる。さらに断ると「3か月でいいからお願いします」と説得を始める。

これでは新聞の購読契約はなかなか取れないのです。優秀な営業員は○○新聞ですと身分をあかし、いきなり新聞の話をせずに世間話を始めます。それから自然な流れで新聞の話に移ります。そのあと契約になります。

どんなビジネスでもコミュニケーションは重要だとこの優秀な営業マンが言っていたのです。これはネットワークビジネスも同じだと思います。ネットワークビジネスは「ねずみ講」「マルチ商法」「騙される」などのイメージが強いので、まずは円滑な人間関係を築くのが重要になります。

焦らないでください。ネットワークビジネスはすぐに収入に結びつくビジネスではありません。

すぐにお金が欲しい人はコンビニなどでアルバイトをしたほうがお金になります。焦る気持ちが「押しつけ」「押し売り」となり、最終的には断られる結果になります

人は「押しつけ」押し売り」を嫌います。何かを買わされると感じたら人は断るのです。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です